二重

二重整形の手術の種類

顔の印象を大きく左右する目は、二重整形をすることで理想の目元を手に入れることができます。二重整形の手術には、埋没法と切開法の2種類の手術があります。埋没法は使う糸の本数やかけ方によって二重の持ちが異なり、切開法は部分切開と全切開で別れています。まぶたに糸を通して二重まぶたを作る埋没法は、短い手術時間で理想の二重まぶたを手に入れられます。
埋没法の仕組みとして、目を開ける時に動く筋肉と皮膚を糸で連結させて、それによって目を開ける時に皮膚が糸で引っ張られて二重になります。埋没法の手術方法は、皮膚に1mmほどの穴を開けてそこから糸を埋め込んで手術を行います。手術にかかる時間が10~20分なので、短時間で手術が終わります。そして、まぶたの皮膚を切って行う切開法は、埋没法より強度が強くて取れにくい二重まぶたを手に入れることができます。
しかし、埋没法と比べて腫れや内出血のダウンタイムが長い上に、手術後に元のまぶたに戻せません。埋没法は手術後でも元のまぶたに戻せますが、切開法で二重まぶたにすると元に戻すことができません。なので、切開法を受ける際は効果やダウンタイムやリスクといった情報を知ることが重要になります。二重整形の手術は、埋没法と切開法の2種類があり、手術を受ける前に特徴を知り、自分に合っているかどうかを見極めることが重要になります。

二重手術の前に考えてほしいこと

美容整形手術の中でも手軽かつ安価で行えることで知られている二重整形ですが、もちろん何のリスクもない訳ではありません。例えばプチ整形として人気が高い埋没法による二重整形は瞼を留める糸が切れてしまい二重が取れてしまうことが起こりえます。日常生活の中で何かにぶつかった程度ではそんな事態は起きませんが時間の経過と共に少しずつ糸が緩んでいき、ある日鏡を見たら二重…

TOP